カテゴリー
BCP BLOG

COVID-19 (2020年4月1日)

COVID-19 April 1, 2020 update


本日も平常通り

 当社では、本日も通常通り営業しました。

 COVID-19(新型コロナウイルス)に関する特設ページは下記バナーをクリックして頂ければご覧いただけます。

 本日の気になった記事などは、下方に記載しています。あくまで私見ですので会社の総意や公式見解ではありません。




今日のトピック


医療崩壊

 ニューヨーク州のクオモ知事による会見が興味深い内容でした。

NYS: Amid Ongoing COVID-19 Pandemic, Governor Cuomo Announces New Hospital Network Central Coordinating Team (April 1, 2020)

NYS: [Photo] Amid Ongoing COVID-19 Pandemic, Governor Cuomo Announces New Hospital Network Central Coordinating Team (April 1, 2020)



要旨(原文)

Central Coordinating Team Will Help Implement Statewide Public-Private Hospital Plan to Share Information, Supplies, Staff and Patients Among Hospitals Across the State

New Online Portal Will Launch Today to Connect Hospitals to Volunteer Healthcare Workers and Help Prioritize Deployment to Hospitals with the Greatest Need

Confirms 9,298 Additional Coronavirus Cases in New York State - Bringing Statewide Total to 75,795; New Cases in 44 Counties

Governor Cuomo: "We set two missions. One was hospitals. Second was individual responsibility. The individual responsibility is about discipline. It's about selflessness and being informed. The basic point is stay at home. Stay at home. I know it's hard to stay at home and I know everyone thinks, you know, I can go out, I can be smart, and I won't get infected because it's me. I'm a superhero. It's not going to be me. That is not true."

要旨(自動翻訳)

 中央調整チームは、州全体の病院間で情報、診療材料、スタッフ、および患者を共有するための州全体の官民病院計画の実施を支援します。

 病院とボランティア(医療従事者)をつなぎ、最もニーズの高い病院への配備の優先順位付けを支援する新しいオンラインポータルが本日リリースされます。

 ニューヨーク州で9,298の追加症例が確認され、州全体で合計75,795人になりました。 44の郡での追加症例がありました。

クオモ知事:
「私たちは2つの使命を設定しました。1つは病院、2つ目は個人責任。個人の責任は規律に関するものです。それは無私の心と情報提供に関するものです。基本的なポイントは家にいることです。"Stay at home." 私は家にいるのが難しいことを知っています、そしてみんなが考えていることを知っています。私はスーパーヒーローです。それは私にはなりません。それは真実ではありません。」



本文

Good morning to all. Still is morning, just a long one. Let me go through where we are today on the numbers. Give these people an update. The number of cases still going up. We're all in search of the apex and the other side of the mountain. But we are still headed up the mountain. Number of people tested last night was a near record amount. We tested over 18,000 people. We're testing more people than any state in the country and I'm very proud of that. More per capita than China and South Korea.

 皆さんおはよう。 まだ朝です、長いです。
 今日の数字を見てみましょう。
 これらの人々にアップデートを与えてください。まだ増えているケースの数。
 私たちは皆、頂点と山の反対側を探しています。しかし、私たちはまだ山に向かっています。
 昨夜テストされた人の数はほぼ記録的な量でした。18,000人以上をテストしました。私たちは国内のどの州よりも多くの人々をテストしており、私はそれを非常に誇りに思っています。中国や韓国よりも一人当たり多く。


Total number of people tested, 200,000. Population of 19 million, is not going to give you a random sample, but it's been helping us track down on the positive cases. Number of positive cases, 9,298. Total cases 75,000 cases. You see the predominance in New York City, then Westchester, then Nassau, then Suffolk, then Rockland. So you can see it's that area of density. It spreads out from that area of density. The march of coronavirus across the State of New York continues. We're down to just two counties that don't have a case. The overall numbers, 75,000 have tested positive. Ten thousand people in our hospitals, 2,700 ICU patients. Good news, 4,900 - almost 5,000 - discharged. That's up 771. So people come in, they get treated, they go home.

 テストした人の総数は200,000。
 人口が1900万人の場合、ランダムなサンプルは得られませんが、陽性のケースを追跡するのに役立ちます。
 陽性症例数は9,298人。合計75,000ケース。
 ニューヨークシティ、それからウェストチェスター、それからナッソー、それからサフォーク、それからロックランドで優勢を見ています。だから、それがその密度の領域だとわかります。それはその密度の領域から広がります。ニューヨーク州を横断するコロナウイルスの行進は続いています。
 ケースがないのは2つの郡だけです。全体の数値である75,000はテストで陽性です。私たちの病院の1万人、2,700人のICU患者。
 朗報、約4,900~5,000人が退院。それは771です。だから人々は入ってきて、治療され、家に帰ります。


New York is at 75,000 cases. Next state is 16,000. California is at 7,000. So you can see New York, there's a magnitude of difference more than any other state. Fifteen-hundred fifty deaths. That's up from 1,218 yesterday. Again, we're studying the charts. We're trying to study the data, follow the data. The data is uneven. It bounces. Numbers often bounce in any model. There are variables in this model. The hospitals are reporting it, so what every hospital reported, were they busy, are they combining a couple of days in one? It's an imperfect reporting mechanism.

 ニューヨークは75,000ケースです。 次の州は16,000です。カリフォルニアは7,000です。
 ニューヨークは、他のどの州よりも大きな違いがあります。
 1500人の死者。 昨日の1,218から上がっています。
 繰り返しになりますが、チャートを研究しています。データを調査しようとしています。データをフォローしてください。データが不均一です。跳ねる。多くの場合、数値はどのモデルでも跳ね返ります。このモデルには変数があります。病院はそれを報告しているので、すべての病院が何を報告していたのか、彼らは忙しかったのですか? それは不完全な報告メカニズムです。


You see the basic line is still up. What the statisticians will tell you is you basically draw the straight line that columns indicate and you see that we're still going up which is what we see on the overall trajectory, that we're still going up. Number of intubations was down, not much, but it was down and that's a good sign. You also see the number of discharges going up and that's consistent. The longer people are in, they either get treated and leave or they get put on a ventilator and the longer you're on a ventilator, the less likelihood you will come off the ventilator. That is the blunt truth of this situation.

 基本ラインはまだアップしていることがわかります。
 統計学者が教えてくれるのは、基本的には列が示す直線を描くことであり、私たちはまだ上昇していることがわかります。
 挿管の数はそれほど多くはありませんでしたが、減少しており、それは良い兆候です。また、放電の数が増えていることもわかります。これは一貫しています。
 在宅時間が長ければ長いほど、治療を受けて退院するか、人工呼吸器を装着します。
 人工呼吸器を長時間使用しているほど、人工呼吸器から外れる可能性は低くなります。 それがこの状況の率直な真実です。


We have two missions overall that we are pursuing. One is the front line of this battle is our hospital system. That's where this is going to come down to. The second is social responsibility. Stay at home. Don't get infected in the first place. Don't get infected in the first place because it goes back to you're creating a burden on our health care system that our health care system cannot handle. We're talking about exceeding the capacity of our hospital system by some estimates, 2 times. So what does this come down to besides all the other issues? It comes down to not overwhelming the hospital system because those people who need acute care may not be able to get the acute care. So it's all about the hospital system. That is the front line.

 私たちが追求しているミッションは全体として2つあります。
 1つは、この戦いの最前線が病院システムです。これは、これから来るところです。
 2つ目は社会的責任です。"Stay at home"。 そもそも感染しないでください。
 私たちのヘルスケアシステムでは処理できない負担がヘルスケアシステムに生じているため、そもそも感染しないでください。
 私たちは病院システムの容量をいくつかの見積もりで2倍超えることについて話している。
 それで、これは他のすべての問題以外に何をもたらしますか?
 救急治療を必要とする人々は救急治療を受けられないかもしれないので、それは病院システムを圧倒しないことに帰着します。つまり、病院システムがすべてです。 それが最前線です。


What we're doing is we are following the mathematical projections of the experts. We're speaking to all the health care professionals, all the health care providers. World Health Organization, National Institute of Health, Dr. Fauci, CDC, FDA - the whole alphabet soup of health care experts and the mathematicians who then have different models. We talk about five different models and compared the models and tried to find the median through the models. That's how we plan everything. Follow the data, follow the science. People ask me, "What do you think, what do you think?" I don't think about this. What do I know? I'm not an expert. I'm not opining. I talk to experts and I follow people who know.

 私たちがやっていることは、専門家の数学的予測に従っていることです。
 私たちはすべての医療専門家、すべての医療提供者に話しかけています。
 世界保健機関、国立衛生研究所、Fauci博士、CDC、FDA-ヘルスケアの専門家と、さまざまなモデルを持つ数学者のアルファベットのスープ。
 5つの異なるモデルについて話し、モデルを比較して、モデル全体の中央値を見つけようとしました。それが私たちがすべてを計画する方法です。 データに従って、科学に従ってください。
 「どう思いますか、どう思いますか?」
? 私はこれについては考えていません。 私は何を知っていますか? 私は専門家ではありません。 私は意見を述べていません。 私は専門家と話し、知っている人をフォローします。


But for the hospitals procure equipment, identify the beds, support the staff, that's what it's been all about. Of those priorities number one is support the staff. They are the front line and they need relief. They are physically exhausted even more they are more emotionally exhausted. This is unlike any other disasters. Hurricanes, earthquakes, floods - they happen, they are fast, they're over, you start rebuilding. This is different. This is ongoing and the duration itself is debilitating and exhausting and depressing. I'm speaking to healthcare professionals who say, "Look, more than physically tired I'm emotionally tired seeing the pain and death that they are dealing with every day."

 しかし、病院が機器を調達するためには、ベッドを特定し、スタッフをサポートする、それがすべてのことです。
 これらの優先事項の1つは、スタッフのサポートです。
 彼らは最前線であり、救済が必要です。
 彼らは身体的に疲れ果てており、さらに感情的に疲れています。これは他の災害とは異なります。
 ハリケーン、地震、洪水-彼らは起こり、彼らは速く、彼らは終わり、あなたは再建を始めます。
 これは違います。 これは継続中であり、期間自体が衰弱し、疲労し、憂鬱です。
 私はヘルスケアの専門家と話している、「見てください、肉体的に疲れている以上に、彼らが毎日扱っている痛みや死を見るのは感情的に疲れています」。


In general, I am tired of being behind this virus. We've been behind this virus from day one. The virus was in China. We knew it was in China. Unless we assume there's some immune system variation with Asian people, it was coming here and we have been behind it from day one since it got here and we've been playing catch-up. You don't win playing catch-up. We have to get ahead of it. The second rule is never underestimate your opponent, and we underestimated this virus. It's more powerful, it's more dangerous than we expected, and the third point is plan forward. Get ahead of it. Get ahead of it, fight the fight today, yes, but anticipate the next battle and plan for the next battle.

 一般に、私はこのウイルスの背後にいることにうんざりしています。
 私たちはこのウイルスを初日から抱えています。ウイルスは中国にありました。私たちはそれが中国にあることを知っていました。
 私たちがアジアの人々と免疫系の変化があると想定しない限り、それはここに来ていて、それがここに来て私たちが追いついてきて以来、最初からそれから遅れています。
 追いつきに勝つことはできません。
 私たちはそれを乗り越えなければなりません。
 2番目のルールは対戦相手を過小評価することは決してなく、このウイルスを過小評価しました。
 それはより強力で、私たちが予想したよりも危険です。それを先取りしましょう。それを先取りして、今日の戦いと戦いましょう。
 ただし、次の戦いを予測し、次の戦いを計画してください。


And the main battle is at the apex. We're still going up the mountain. The main battle is on the top of the mountain. That's where the main battle is going to be. The apex of the curve and then we come down the other side of the mountain. We are planning now for the battle at the top of the mountain. That's what we are doing. Get a staffing plan ready now for the battle at the top of the mountain. Equipment stockpile now - we're gathering equipment that we don't need today because today is not the day of the battle. The battle is when we hit the apex, depending on who you believe, 14 days to 30 days from today.

 そして主な戦いは頂点にあります。 まだ山を登っています。
 主な戦いは山の頂上です。ここで主な戦いが行われます。カーブの頂点、そして山の反対側に降りてきます。山の頂上での戦闘を計画中です。それが私たちがしていることです。
 山の頂上での戦いに向けて、今すぐ人員配置計画を立てましょう。
 備品を今すぐ備蓄-今日は戦いの日ではないため、今日必要のない備品を集めています。
 戦いは、あなたが信じる人にもよるが、今日から14日間から30日間、私たちが頂点にぶつかったときです。


And also we need a social acceptance of the time expectation. We're all anxious. We're all tired, we're all fatigued. It's been all bad news for a long time. Our whole lifestyle has been disrupted. Everybody knows wants to know one thing, when is it over, nobody knows. Well, President said by Easter; this one said by this - nobody knows. You can have a hypothesis, you can have a projection, you can have an opinion but nobody knows, but I can say this, it is not going to be soon. If our apex is 14 to 21 days, that's our apex. You then have to come down the other side of the mountain once you hit the apex, so calibrate yourself and your expectations so you're not disappointed every morning you get up.

 また、時間の期待を社会的に受け入れる必要もあります。 私たちは皆心配です。 私たちは皆疲れており、疲れています。 それは長い間すべて悪いニュースでした。 私たちのライフスタイル全体が混乱しています。 誰もが知っていることは1つのことを知りたい、それがいつ終わるのか、誰も知りません。 さて、大統領はイースターまでに言いました。 これはこれで言った-誰も知らない。 あなたは仮説を立てることができ、予測を立てることができ、意見を述べることはできますが、誰も知りませんが、私はこれを言えるでしょう。 頂点が14?21日であれば、それが私たちの頂点です。 頂点に達したら、山の反対側に降りる必要があるので、毎朝起き上がるのにがっかりしないように、自分と期待を調整してください。


Yesterday we met with the entire state hospital system, Dr. Zucker and our team - first time they were all in one place. And we said to the hospital system, "Look," what I just said to you, "We are dealing with a war, we are dealing with war we've never dealt with before. We need a totally different mindset. We can't do business the way we have always done business - we need unprecedented sense of cooperation, flexibility, communication and speed." And that's what we talked through yesterday, and we have to do it now. The healthcare system is one of those balkanized systems - it's like our state education system, it's like our criminal justice system. It's in place. It's fragmented. They have their own identities, their own associations, it's regionally organized. That all has to change.

 昨日、私たちは州立病院のシステム全体、Zucker博士と私たちのチームに会いました-それらがすべて1か所にあったのは初めてです。 病院のシステムに「見て」と言ったところ、「私たちは戦争を扱っています。これまで扱ったことのない戦争を扱っています。まったく異なる考え方が必要です。 私たちが常にビジネスを行ってきた方法でビジネスを行う-私たちは、これまでにない協力、柔軟性、コミュニケーション、スピードの感覚を必要としています。」 それが昨日お話ししたことであり、今それをしなければなりません。 ヘルスケアシステムはそれらの不平等化されたシステムの1つです-それは私たちの州の教育システムのようなものであり、それは私たちの刑事司法システムのようなものです。 それは整っています。 断片化しています。 彼らは彼ら自身のアイデンティティ、彼ら自身の協会を持ち、それは地域的に組織されています。 それはすべて変更する必要があります。


We don't have the ability to meet the capacity of our healthcare system as an entirety. That assumes the healthcare system is working as an entirety. That's not how the healthcare system is organized now. We have New York City hospitals, and then we have Long Island hospitals, and then we have Westchester hospitals, and then we have upstate hospitals -- that has to go. Even in New York City you have two basic hospital systems in New York City: you have the private hospitals, voluntary hospitals, about 160 of them, which are some of the finest healthcare institutions in the United States of America. You know, this is Mount Sinai, Columbia Presbyterian, et cetera. Some of their members are also upstate, but they're the large, private institutions. Greater New York Hospital Association, Ken Raske runs that association of 160.

 ヘルスケアシステム全体の能力を満たす能力はありません。 これは、ヘルスケアシステムが全体として機能していることを前提としています。 それは現在、医療システムが編成されている方法ではありません。 私たちにはニューヨーク市の病院があり、それからロングアイランドの病院があり、それからウェストチェスターの病院があり、それから北部の病院があります。 ニューヨーク市でも、ニューヨーク市には2つの基本的な病院システムがあります。私立病院、自主病院、そのうちの約160校は、アメリカ合衆国で最も優れた医療機関の1つです。 これはシナイ山、コロンビア長老派などです。 彼らのメンバーの一部も北部ですが、彼らは大規模な民間機関です。 Greater New York Hospital AssociationのKen Raskeは、160名の同協会を運営しています。


You then have in New York City the public hospitals, the New York City Health and Hospital Corporation. They are eleven public hospitals. They are a universe, and then you have the private hospitals as a separate universe. The eleven public hospitals are the hospitals that in many ways have always been under greater stress and greater need. We have to get those two systems, the private system and the public system in New York City, working together in a way they never did before. The distinction of private-public, that has to go out the window. We are one healthcare system. On top of that, it can't be the downstate hospitals, and the upstate hospitals, and the Long Island hospitals. When we talk about capacity of beds, when I say we now have 75,000 beds, that's a statewide number. That means those beds have to be available to the people in New York City or Nassau even if those beds are up in Albany

 次に、ニューヨーク市に公立病院、ニューヨーク市保健病院病院があります。 彼らは11の公立病院です。 彼らは宇宙であり、それからあなたは独立した宇宙として私立病院を持っています。 11の公立病院は、多くの点で常により大きなストレスとより大きなニーズの下に置かれている病院です。 ニューヨークの私的システムと公的システムの2つのシステムを、これまでにない方法で連携させる必要があります。 官民の区別、それは窓の外に出なければならない。 私たちは一つの医療制度です。 その上、それは、ダウンステートの病院、アップステートの病院、ロングアイランドの病院であってはなりません。 ベッドの容量について言えば、今では75,000のベッドがあると言うと、それは州全体の数です。 つまり、それらのベッドがアルバニーで稼働している場合でも、それらのベッドはニューヨーク市またはナッソーの人々が利用できる必要があります。


So, combining that whole system, and you're no longer just the Western New York hospitals, or the Central New York hospitals; it's one coordinate system. It's much easier said than done, but we have to do it. On top of that, you have to overlay the new federal beds that came in that are an entirely new component. We have Javits Center -- 2,500 beds. We have the USNS Comfort -- 1,000 beds. We're planning other federal facilities. These all have to be coordinated on top of the existing hospital network. So, you see the organizational situation that we're dealing with. And let's be honest and let's learn from the past, we know where we have to focus. We know where we're going to have problems in the next hospitals because the hospitals that have the least capacity that have already been stressed are the hospitals that are not going to be able to handle the additional load. That is a fact. You know which hospitals are struggling. We do reports all the time about the financial capacity of hospitals and what hospital are in stronger versus weaker position.

 つまり、システム全体を組み合わせると、ニューヨーク西部の病院だけでなく、ニューヨーク中部の病院でもなくなります。 1つの座標系です。それは言うよりもはるかに簡単ですが、私たちはそれをしなければなりません。その上で、完全に新しいコンポーネントである新しい連邦政府のベッドをオーバーレイする必要があります。ジャビッツセンター-2,500ベッドがあります。 USNSコンフォート(1,000ベッド)があります。他の連邦施設も計画しています。これらはすべて、既存の病院ネットワークの上で調整する必要があります。それで、私たちが取り扱っている組織の状況がわかります。そして正直に言って、過去から学びましょう。どこに焦点を当てなければならないかを知っています。すでに負荷がかかっている病院の能力が最も低い病院は、追加の負荷を処理できない病院であるため、次の病院で問題が発生する場所はわかっています。それは事実です。あなたはどの病院が苦労しているのか知っています。私たちは常に病院の財政能力と、どの病院がより良い立場とより弱い立場にあるかについて常に報告します。


The hospitals that are in a weaker position are the hospitals that are going to suffer when they then carry an added burden. That was Elmhurst hospital. It happened to be a public hospital. It happened to be a public hospital in a place of density. It happened to get overwhelmed and that's what then you saw the burden on the staff. You saw the emotion. You saw the stress. That can't happen, and that's what we talked about yesterday. And people said, "Well, Elmhurst isn't my responsibility. Elmhurst is a public hospital; the City runs it. I don't run it. It's New York City, its' not a private hospital." I don't care which link breaks in the chain. The chain is still broken. It doesn't matter which hospital, which link. Any link breaks, the chain breaks. The healthcare system is a chain; it breaks anywhere, it breaks everywhere.

 弱い立場にある病院は、さらに負担がかかると苦しむ病院です。 それがエルムハースト病院でした。 たまたま公立病院だった。 たまたま密度の高い公立病院でした。 それはたまたま圧倒されて、それはそれであなたがスタッフの負担を見ました。 あなたは感情を見ました。 あなたはストレスを見ました。 それは起こり得ないことであり、それは昨日私たちが話したことです。 「エルムハーストは私の責任ではありません。エルムハーストは公立病院です。市が運営しています。私は運営していません。ニューヨーク市であり、私立病院ではありません。」 チェーンのどのリンクが切れてもかまいません。 チェーンはまだ壊れています。 どの病院、どのリンクでもかまいません。 リンクが切れると、チェーンが切れます。 医療システムはチェーンです。 どこでも壊れる、どこでも壊れる。


That has to be our mentality. We laid out a full plan on how to do facility development, how to move people among hospitals so nobody gets overloaded, shifting patients, shifting staff, shifting supplies. None of us have enough supplies. Okay, then let's pool our supplies and let's put them out for the people who need them. Just because one hospital happened to have found a vendor from China who delivered 5 million masks, let's share those masks. And we talked about that yesterday.

 それが私たちの考え方でなければなりません。 施設の開発方法、病院間で人を移動させる方法、つまり、誰もが過負荷にならないように、患者をシフトさせ、スタッフをシフトさせ、物資をシフトさせる方法についての完全な計画を提示しました。 私たちの誰も十分な供給を持っていません。 さて、私たちの供給をプールして、それらを必要とする人々のためにそれらを出しましょう。 たまたまある病院が500万枚のマスクを提供してくれる中国のベンダーを見つけたので、それらのマスクを共有しましょう。 そして、昨日それについて話しました。


We also talked again at length about ventilators which everybody knows is a key piece of equipment, identifying all the ventilators in the state, who has them, who has them in a stockpile, who ordered them, who expects them to come in and we'll have one stockpile of ventilators that we can distribute for everyone who needs them. We also talked about splitting of ventilators because that's a technology that does exist. It's been used before. It's not ideal. You take one ventilator and it's used for two patients.

 私たちはまた、誰もが重要な設備であることを誰もが知っている人工呼吸器について長々と話し、それらを持っている人、彼らを備蓄している人、それらを注文した人、彼らが来ることを期待している人すべてを特定しました。 必要なすべての人に配布できる人工呼吸器の備蓄が1つあります。 また、人工呼吸器の分割についても説明しました。これは、存在する技術だからです。 以前に使用されました。 それは理想的ではありません。 1台の人工呼吸器を使用して、2人の患者に使用します。


The federal government is a partner in this obviously. I spoke to the President again yesterday about this situation. I spoke to the Vice President. I spoke to Jared Kushner. The White House has been very helpful. We have to get the federal agencies on the ground to understand how this operates, especially FEMA, because we have to be coordinated and people have to know what they're doing and this is no time for anyone to be learning on the job. And we're going to be working through that today. PPE, same thing. We want to know what everybody has. One stockpile, we'll distribute it fairly.

 連邦政府は明らかにこれのパートナーです。 私は昨日、この状況について大統領に再度話しました。 私は副大統領と話しました。 Jared Kushnerと話しました。 ホワイトハウスは非常に役に立ちました。 私たちは調整する必要があり、人々は彼らが何をしているのかを知る必要があり、誰もが仕事について学ぶ時間がないので、私たちは連邦機関、特にFEMAの仕組みを理解する必要があります そして、今日それを通して作業するつもりです。 PPE、同じこと。 私たちは誰もが持っているものを知りたいのです。 1つの備蓄、私たちはそれを公平に分配します。


Testing, how do we get, when does this end? This ends when we get a fast track test, an at home test, 15-minute test, and people can find out when they can go back to work because they're negative. We're working on additional testing. As I said, the department of health has a new test, but that's when this ends.

 テスト、どのように取得するか、これはいつ終了しますか? これは、ファストトラックテスト、自宅でのテスト、15分のテストを受けたときに終了します。そして、人々は否定的であるためにいつ仕事に戻ることができるかを知ることができます。 追加のテストに取り組んでいます。 私が言ったように、保健省は新しいテストを持っています、しかし、それはこれが終わったときです。
We're also working on the new medications. We're leading the country in many of these developments. We have saliva testing. We're working on the antibody testing and plasma testing at the same time.
新しい薬の開発にも取り組んでいます。 私たちはこれらの開発の多くで国をリードしています。 唾液検査があります。 抗体検査と血漿検査を同時に行っています。


We put together an essential coordinating team. It's going to be led by the Department of Health. Westchester is on it and Greater New York, New York City is on it, Long Island is on it. If the federal government is going to participate they have to be part of this team because we have to know what we're doing and I don't want FEMA coming in and blowing the coordination of what everyone is trying to do.

 必須の調整チームを編成します。 保健省が主導する予定です。 ウェストチェスターがその上にあり、グレーターニューヨーク、ニューヨークシティがその上にあり、ロングアイランドがその上にあります。 連邦政府が参加する場合、私たちは何をしているのかを知っている必要があり、FEMAが参加して誰もがやろうとしていることの調整を吹き飛ばしたくないので、彼らはこのチームの一員でなければなりません。


The coordinating team is going to organize upstate-downstate transfers, set patient loads for hospitals, so if one hospital gets up near an overload capacity, let's call it, those hospitals start to send patients to other hospitals before they get up to their max. Within the New York City public hospital system, within the Greater New York private system, and then among the different systems. Different mentality. But we have to do it.

 調整チームは、州間の転送を整理し、病院に患者の負荷を設定します。そのため、ある病院が過負荷容量に近づいた場合、それを呼び出しましょう。これらの病院は、最大に達する前に患者を他の病院に送り始めます。 ニューヨーク市の公立病院システム内、大ニューヨークの民間システム内、そしてさまざまなシステム間。 異なる考え方。 しかし、私たちはそれをしなければなりません。


We set two missions. One was hospitals. Second was individual responsibility. The individual responsibility is about discipline. It's about selflessness and being informed. The basic point is stay at home. Stay at home. I know it's hard to stay at home and I know everyone thinks, you know, I can go out, I can be smart, and I won't get infected because it's me. I'm a superhero. It's not going to be me. That is not true.

 2つのミッションを設定します。 1つは病院でした。 2つ目は個人の責任でした。 個人の責任は規律についてです。 それは無私無欲と情報を得ることです。 基本は家にいること。 家にいる。 私は家にいるのが難しいことを知っています、そしてみんなが考えていることを知っています。 私はスーパーヒーローです。 それは私にはなりません。 それは真実ではありません。


And it's not just about you. It's not just about your health and your life that you're playing with here, my friend. You can infect other people. So I've been trying to communicate this many different ways for many days. We still see people coming out who don't need to be out. Even for essential workers, people have to be careful. And again, I've been trying to communicate that. Everyone, everyone is subject to this virus. It is the great equalizer. I don't care how smart, how rich, how powerful you think you are. I don't care how young, how old. This virus is the great equalizer.

 そしてそれはあなただけのものではありません。 私の友達、ここで遊んでいるのはあなたの健康と人生だけではありません。 あなたは他の人に感染することができます。 だから私は何日もこれだけ多くの異なる方法でコミュニケーションをとろうと努めてきました。 外出する必要のない人がまだ出てくるのを見ています。 必須労働者であっても、人々は注意しなければなりません。 繰り返しますが、私はそれを伝えようと努力しています。 皆、誰もがこのウイルスに感染しています。 素晴らしいイコライザーです。 自分がどれほど賢く、どれほど豊かで、どれほど強力であるかは気にしません。 私は何歳でも何歳でもかまいません。 このウイルスは素晴らしいイコライザーです。


My brother Chris is positive for coronavirus - found out this morning. Now, he is going to be fine. He's young, in good shape, strong, not as strong as he thinks, but he will be fine. But there's a lesson in this. He's an essential worker. Member of the press. So, he has been out there. The chance you get infected is very high. I spoke to him this morning and he's going to be quarantined in his basement at home. He's just worried about his daughter and his kids. He hopes he didn't get them infected.

 兄のクリスはコロナウイルスに陽性です-今朝発見されました。 今、彼は元気になるでしょう。 彼は若く、体形は良く、力強く、思っているほど強くはありませんが、元気です。 しかし、これには教訓があります。 彼は不可欠な労働者です。 プレスのメンバー。 それで、彼はそこにいました。 感染する可能性は非常に高いです。 今朝私は彼に話しました、そして、彼は家の彼の地下室で隔離されるでしょう。 彼は娘と彼の子供たちを心配しています。 彼は彼らを感染させなかったことを望んでいる。


You don't really know Chris. You see Chris. He has a show at nine o'clock on CNN. But you just see one dimension, right? You see a person in his job and in his job he's combative and argumentative and pushing people - but that's his job. That's really not who he is. He is a really sweet, beautiful guy and he's my best friend. My father was always working, so it was always just me and Chris. He's a lawyer, also, Chris. He is a lawyer because growing up the decision point came to what do you want to do after college? And my father was very strong personality, and my father basically suggested forcefully to Chris that he should be a lawyer. It was a different time and a different place, you know? Now, my daughters, Cara, who's here, they all follow their individual stars. This is their destiny, which is right. If you had said to my father, I want to follow my individual star, he would say, you're going to follow your individual star right out that door, you know? That's what he would have said.

 あなたはクリスを本当に知りません。クリスを見ます。彼はCNNで9時にショーをしています。しかし、1つの次元しか表示されません。あなたは彼の仕事の中にある人を見て、彼の仕事の中で彼は戦闘的で議論的で人々を押しやっています-しかしそれは彼の仕事です。それは本当に彼が誰であるかではありません。彼は本当に甘くて美しい人で、彼は私の親友です。父はいつも働いていたので、いつも私とクリスだけでした。彼は弁護士でもあり、クリスでもあります。大学を卒業した後、あなたは何をしたいのですか?そして私の父は非常に強い性格であり、私の父は基本的にクリスに彼は弁護士になるべきだと力強く提案しました。別の時間と別の場所でしたね。今、私の娘、カラはここにいます、彼らはすべて彼らの個々の星に従います。これが彼らの運命です。もしあなたが私の父に言ったなら、私は私の個々の星を追いたい、と彼は言うでしょう、あなたはあなたがそのドアのすぐ外にあなたの個々の星を追いかけるつもりです、あなたは知っていますか?それは彼が言ったことだろう。


So, Chris went to law school but he never really had a desire to practice law. He calls me when he is about 26, he is at a law firm and he said, you know, I don't want to be a lawyer. I said I know but you are now a lawyer. You are. He said, but I don't want to be a lawyer. He said I want to be a journalist. I said you want to be a journalist? I said, too late. You're a lawyer. You have to pay law school bills. You didn't go to journalism school. It is too late. No, no, I think I can do it. God bless him. He quit the law firm, went to work for Fox TV, which is a whole separate conversation in the house, and then worked his way up. He's at CNN. He does a beautiful job, but a sweet guy and now he is quarantined in the basement but he's funny as heck. He said to me even the dogs won't come down stairs, he says. But he is concerned about his wife and his kids.

 それで、クリスはロースクールに行きました、しかし、彼は実際に法律を練習したいという欲望を持っていませんでした。 彼は26歳のとき私に電話します。彼は法律事務所にいて、弁護士になりたくないと言っていました。 私は知っていると言いましたが、あなたは今弁護士です。 あなたです。 彼は言ったが、私は弁護士になりたくありません。 彼は私がジャーナリストになりたいと言った。 ジャーナリストになりたいって言った? 遅すぎました。 あなたは弁護士です。 あなたはロースクールの法案を払わなければなりません。 あなたはジャーナリズム学校に通っていませんでした。 手遅れです。 いやいや、できると思う。 神は彼を祝福。 彼は法律事務所を辞め、家の中でまったく別の会話であるFox TVに働きに行った後、上に向かって働きました。 彼はCNNにいます。 彼は美しい仕事をしていますが、甘い人で、今は地下室で隔離されていますが、彼は一体として面白いです。 犬は階段を下りないだろうと彼は私に言った、と彼は言います。 しかし、彼は彼の妻と彼の子供たちを心配しています。


But the reason I raise this is he's smart. He's social distancing, yes. But you wind up exposing yourself. People wind up exposing you and then they find out they're positive a couple of days later. And I had a situation with Christopher two weeks ago that I even mentioned my mother was at his house. And I said, that is a mistake. Now, my mother is in a different situation. She is older and she's healthy, but I said you can't have Mom at the house. And he said, no, no, no, Mom is lonely. She wants to be at the house. I feel bad. She is cooped up in the apartment. I said, yeah, I feel bad she is cooped up in the apartment too. But you expose her to a lot of things. You have the kids there, your wife there. You're coming and going. Your wife is coming and going and you could expose mom to the virus. And love is sometimes a little - needs to be a little smarter than just reactive. And we had a whole discussion. And truth, now, he is informed. I'm informed. Was that dangerous? Was that not dangerous? I went back to Dr. Zucker and I said look, we have to tell people, what are the rules? How does this work? That's when I came up with Matilda's Law, and I said I named it for my mother. And it was very clear about people who are older and what they should be exposed to. My brother, it was two weeks ago, if my brother still had my mother at his house, again out of love and comfort, and my mother wanted to be at eth house anyway, by the way, she didn't want to be sitting at home in an apartment. So she would have been doing what she wanted to do, he would have been doing what he wanted to do. It would have seemed great and harmless, but now we'd have a much different situation. Because if he was exposed, chances are, she may very well have been exposed, and then we would be looking at a different situation than just my brother sitting in his basement for two weeks. So think about that, right. My brother's smart. He was acting out of love. Luckily we caught it early enough.

 しかし、私がこれを提起する理由は彼が賢いからです。はい、彼は社会的な距離です。しかし、あなたは自分をさらけ出してしまいます。人々はあなたをさらけ出し、彼らは数日後に彼らがポジティブであることを発見します。そして、2週間前にクリストファーと一緒に、母が彼の家にいるとさえ言った状況がありました。そして私は言った、それは間違いです。今、私の母は別の状況にあります。彼女は年上で健康ですが、お母さんが家にいることはできないと言いました。そして、いいえ、いいえ、いいえ、ママは孤独です。彼女は家にいたい。申し訳ありません。彼女はアパートで寝取られている。私は言った、ええ、私も彼女がアパートに閉じ込められていると気分が悪い。しかし、あなたは彼女を多くのことにさらします。そこに子供がいて、奥さんがいます。あなたは行き??来しています。あなたの妻が行き来していて、あなたはお母さんをウイルスにさらすかもしれません。そして愛は時々少しです-ただ反応するよりも少し賢くする必要があります。そして私達は全体の議論をしました。そして真実は、今、彼は知らされています。私は知らされています。それは危険でしたか?それは危険ではありませんでしたか?私はザッカー博士のところに戻って、私は見ていると言いました、私たちは人々に、ルールは何ですか?これはどのように作動しますか?それは私がマチルダの法則を思いついたときであり、私はそれを母のために名付けたと言いました。そして、それは高齢者と彼らが何にさらされるべきかについて非常に明確でした。私の兄弟、それは2週間前でした。私の兄弟がまだ愛と快適さのために私の家にまだ母親がいて、そしてとにかく私の母が別の家にいたかったのですが、ところで、彼女は座っていたくありませんでした。自宅のアパートで。だから彼女は自分のやりたいことをやっていて、彼は自分のやりたいことをやっていただろう。それは素晴らしく無害に見えたでしょうが、今では私たちとは大きく異なる状況になっているでしょう。なぜならば、彼が暴露された場合、可能性が高いので、彼女は暴露された可能性が非常に高いので、私たちは兄が彼の地下室に2週間座っているだけの状況とは異なる状況を見ているでしょう。考えてみてください。兄は頭がいい。彼は愛をこめて演技していた。幸いなことに、私たちはそれを十分に早く捕らえました。


But it's my family, it's your family, it's all of our families. And this virus is that insidious. And we have to keep that in mind. Keep in mind Matilda's Law. Remember who is vulnerable here. And protect them. You want to go out and act stupid for yourself, that's one thing. But your stupid actions don't just affect you. You come home, you can infect someone else, and you can cause a serious illness or even death for them, by your actions. And people have to really get this, and internalize it, because it can happen to anyone. Two weeks with my mother and Christopher, today is a very different situation.

 しかしそれは私の家族であり、あなたの家族であり、私たちの家族全員です。 そして、このウイルスはその陰湿です。 そして、それを心に留めておかなければなりません。 マチルダの法則に留意してください。 ここで誰が脆弱か覚えておいてください。 そしてそれらを守ってください。 あなたは外に出て自分のために愚かな行動をしたい、それは一つのことです。 しかし、あなたの愚かな行動はあなたに影響を与えるだけではありません。 あなたは家に帰り、誰かに感染することができ、あなたの行動によって彼らに深刻な病気や死さえ引き起こす可能性があります。 そしてそれは誰にでも起こり得るので、人々は本当にこれを手に入れ、それを内面化しなければなりません。 私の母とクリストファーとの2週間、今日は非常に異なる状況です。


Last point, there is nothing that I have said different since I started these briefings. And there's nothing we have learned that is different since I started these briefings. We know what to do. We just have to do it. It is individual discipline to stay at home. That's what it is, it's discipline. No social distancing. It's discipline. Well, I'm bored. I know. I'm bored. It's discipline. Making this healthcare system work, that's government skill, that's government performance. That's saying to that healthcare system, I don't care how it worked yesterday, I don't care whose turf this is, I don't care whose ego is involved, I'm sorry, we have to find a way to work, a better way. Time to say to that federal government and to FEMA and HHS, you have to learn how to do your job, and you have to learn how to do it quickly. Because time is not our friend. It's about a social stamina. This is not one week, two weeks, three weeks, four weeks, five weeks, six weeks, okay? This is not going to be an Easter surprise. Understand that and have the stamina to deal with it. And it's unity.

 最後に、これらの説明を始めて以来、私が特に言ったことは何もありません。そして、私がこれらのブリーフィングを始めて以来、私たちが学んだ何も変わったことはありません。私たちは何をすべきか知っています。私たちはそれをしなければなりません。家にいるのは個人のしつけです。それがまさにそれです、それは規律です。社会的距離はありません。それは規律です。まあ、退屈です。知っている。私は退屈です。それは規律です。この医療システムを機能させること、つまり政府のスキル、つまり政府のパフォーマンスです。それはその医療システムに言っている、私はそれが昨日どのように機能したか気にしていない、私はこれが誰のターフであるか気にしていない、私は誰のエゴが関与しているか気にしていない、すみません、私たちは働く方法を見つけなければなりません、より良い方法。その連邦政府とFEMAとHHSに言う時間、あなたはあなたの仕事をする方法を学ぶ必要があり、あなたはそれを素早く行う方法を学ぶ必要があります。時間は私たちの友達ではないからです。それは社会的スタミナについてです。これは1週間、2週間、3週間、4週間、5週間、6週間ではありません。これはイースターの驚きにはなりません。それを理解し、それに対処するためのスタミナを持っています。そしてそれは団結です。


Let's help one another. New York needs help now. Yesterday I asked for healthcare workers from across the country to come here because we need help. We will pay you, and more importantly, we will return the favor. This is going to be a rolling wave across the country. New York, then it'll be Detroit, then it'll be New Orleans, then it will be California. If we were smart as a nation, come help us in New York. Get the equipment. Get the training. Get the experience. And then let's all go help the next place, and then the next place, and then the next place. That would be a smart national way of doing this. And showing that unity. And, unity meaning, we're not, I know this is a political year, and everything is a political backdrop, and Democrats want to criticize Republicans, Republicans want to criticize Democrats. Not now. Not now. There are no red states, there are no blue states. The virus doesn't attack and kill red Americans or blue Americans. It attacks all Americans. And keep that in mind, because there is, there is a unifying wisdom in that.

 助け合いましょう。ニューヨークは今助けを必要としています。昨日私は助けが必要なので全国の医療従事者にここに来るように頼みました。私達はあなたに支払います、そしてもっと重要なことに、私たちは恩恵を返します。これは、全国的に波になりそうです。ニューヨーク、それからデトロイト、それからニューオーリンズ、そしてカリフォルニアになります。私たちが国家として賢いのなら、ニューヨークで私たちを助けに来てください。機器を入手してください。トレーニングを受ける。体験してください。そして、みんなで次の場所、そして次の場所、そして次の場所を助けましょう。それはこれを行うための賢い全国的な方法でしょう。そして、その団結を示しています。そして、統一の意味、私たちはそうではありません、私は今年が政治年であり、すべてが政治的背景であることを知っています、そして民主党は共和党を批判したい、共和党は民主党を批判したい今はやめろ。今はやめろ。赤の状態はなく、青の状態もありません。このウイルスは赤いアメリカ人や青いアメリカ人を攻撃したり殺したりしません。それはすべてのアメリカ人を攻撃します。そして、それを心に留めておいてください。そこには、そこに統一的な知恵があるのです。




過去の関連記事

2020年03月30日

2020年03月29日

2020年03月28日

2020年03月01日

作成者: Gatekeeper

 専門間にある『境界領域』は広さや深さが様々です。その領域は誰の専門でも無い事が様々な弊害を生んでいます。
 その境界領域を最適化する事で新たな価値を創造できるのでは無いかと思い、境界領域を専門に仕事をしています。